12 SFFED R-1





5/20開催

ダートスポーツWebサイト】【ブリヂストンWebサイト←クリック!

ご協賛各社(順不同敬称略)

(株)造形社 月刊ダートスポーツ ・ (株)ブリヂストンKBF-RSMUDOFF
(株)ホンダモーターサイクルジャパンウエストウッド井原商会
ダートフリークTEスポーツカミカゼスポーツレーシングチーム鷹
長和の森川西MX場
・ ギャップダンサー・JNCC 
ダーなか ・
MotoRoman 


2012 ダートスポーツカップSUPER Fun・Fun ED  第1戦
開催日:5月20日
開催地:長和の森(長野県)
天候:晴れ~曇り

コースコンディション:ドライ
 
 
2012年スーパーファンファンエンデューロ開幕戦が5月20日、長和の森特設コース(長野県)で開催された。今大会は地元関係者のご協力をいただき「手場先番長」「ニコチャンケバブ」の屋台出店、さらにDJブースも設置し賑やかな前夜祭が催された。
 
ここ長和の森は地元スタッフのみなさんの「だれでもWELLCOME!」な雰囲気で、参加者もレーススタッフもなんとな~く来た人も全く垣根なく受け入れてくれる。そんなアットホームな雰囲気でレース前夜を楽しみ、翌日は快晴の空の下、ファンファンEDが開幕した。

今回のコースレイアウトは「逆周り」となり、スタートするとまずMXコースを1周。集計ポイントを過ぎると第1ウッズへと進む。そこをクリアすると一旦林道を横断し第2ウッズへ。ここはキャンバーやガレ場がある。コース途中には大きな段差もあって、その手前にはコーションマーク!が張られちょぴりラリー気分。視界が開けると硬く締まった林道を下りターマックセクションへ進む(林道占有使用許可を頂いておりますのでご安心を)。ここまでは下りが続くが再び第3ウッズへ進入すると上り坂が続く。ここは自由なライン取りで登れるが、木の根っこが厄介なセクション。ここをクリアすると再びMXセクションへ戻り1周となる。完全ドライで迎えた今回、トップグループは1周を6分40秒ほどで周回となった。

 
スーパーファンファンエンデューロは今年も月刊ダートスポーツが協力バックアップ。編集部から大嶋編集長、IAカズト選手が参加してくれた。IAカズト選手は昨年のJNCCチャンピオン。この長和でもそのテクニックを如何なく披露し参加者に衝撃を与えていた(笑)。またレース後はMXセクションを使いデモ走行も披露。テーブルトップ2個飛びには大歓声が巻き起こった。


 
am7:30
受付、車検が開始される。当日エントリーも多数頂き受付はやや混雑。今回の参加賞はクリアファイルの中にくじ引きが仕込まれていて一喜一憂。当たりくじを引いた方にはさっそく賞品が渡された。


am8:30
ライダーズブリーフィングが行われ競技、コースの説明などが行われる。
 
am9:15
30分間のプレラン(下見走行)が開始される。このプレランは任意参加となっており、今回のコースを下見走行することが出来る。但しレース開始の9:50までにはスタート位置に戻ってこないとそのままレースはスタート。しっかりとプランを立てて参加しなければならない。

 
am9:50
5時間、3時間、90分とクラスごとに整列した状態からいよいよレーススタート。次々とMXセクションをクリアしウッズへと進んで行く。1周目は#2小山久利(おやじレーシングチームⅠ)が総合トップで集計ポイントを通過。90分チャレンジクラスでは#60石塚章(BCG JAM#TI)がクラストップ、3時間クラスは#69新健吾(大北林林道組)がクラストップで2周目に入る。混戦のままの周回となるレース序盤はウッズランでのライン取りが勝負の分かれ道。逃げ道少ない場所では自分のラインを塞がれてしまい順位が変わることも多い。そんな中、チャレンジクラスは4周目から#71神田隆博(上州レーシング)がクラストップ、#40山崎啓次がクラス2番手となる。レース開始から1時間を消化するとそろそろ給油の為にピットインするライダーが増える。チャレンジクラスは給油を済ませた#14持田信一(ビックトライアル)がペースをあげると11周目に2番手へ浮上する。クラストップの#71神田隆博はノンストップ作戦か?そのまま周回を重ねて行く。

 
pm12:50
3時間クラスにチェッカーが用意されるとこのクラスは#52在原勉が唯一28周をマークしトップでフィニッシュとなった。次々と3時間クラスのライダーにチェッカーが振られるとコースは5時間クラスのライダーのみとなって行く。台数が減りクリアラップがとりやすくなると5時間のライダーはこの時間を過ぎてもペースアップ、ハイスピードでの走行を見せる。今回ゲストライダーで参加しているIAカズト選手も全開走行を見せるとウッズランでもテクニックを披露。あっという間に1周をクリアしてくる。一緒に走ったライダーも「どうやって走っているか分からない?」「一瞬で見えなくなった」・・・など驚きの声が多く聞かれた。
さて、5時間クラスは19周目から#72鈴木康司/稲垣廣太郎(SKバイク&ファクトリー)がトップに立ち、これを#1赤岩久(はだエプ)が追う展開となる。しかし22周目に#1赤岩久がトップへ浮上し周回チェックを抜けるとレース後半もペースを維持しトップをキープ。


 
pm14:50
#1赤岩久と#72鈴木康司/稲垣廣太郎のトップ争いは終盤まで続くがレース開始から5時間を経過しこのクラスにもチェッカーが用意されると#1赤岩久は最後までポジションを確保し周回数44周をマークして総合トップフィニッシュとなった。総合2位は同一周回の#72鈴木康司/稲垣廣太郎、総合3位は周回数43周で#92依光剛裕/行木毅となった。

 

レース終了後、今回のゲストライダーIAカズト選手によるデモ走行が行われ、テーブルトップの2個飛びやウォッシュボードのウィリー走行などスーパークロス並みの走行を披露。ギャラリーからは拍手喝采が送られた。


2012 DIRT SPORTS CUP スーパーファンファンエンデューロ第1戦長和大会、エントラントの皆様お疲れ様でした。今回は前夜祭から最後のでも走行までいつも以上に盛り上がりました。コンディションも天候も最高で笑顔溢れる大会になったと思います。今回の模様は6月24日発売の月刊ダートスポーツに掲載されます。参加された方もそうでない方も要チェック!!
次回 第2戦は7月1日、再びここ長和の森で開催です。キャンオフクラスも併催となりますので皆様お誘い合わせの上、ぜひぜひご参加ください。次回もダートスポーツ編集部の参加もあるかも!?



表彰式(^_^)v


















『安全で楽しいが一番!』

【Hondaモーレク見舞金】

『スポーツ活動中の熱中症を予防しよう』 by 大塚製薬

  ←ご案内

BigCrewでは安全に配慮して・・・・・

A E D 「自動体外式除細動器」を導入致しました!

鰹ふりだし TV-WEB通販で大ブレイク!販売開始

  ←購入方法や詳細はパンフレットをクリック










 
このページのTOPに戻る

TOPに戻る